nanozone(ナノゾーン)とは?

ナノゾーンコートは、世界最小レベルの酸化チタンを使った画期的な光触媒の防汚・消臭・抗菌コーティングです。酸化チタンは紫外線を受けることで酸化酵素を発生し菌やウイルス・VOCなどを水とCO2に分解します。経口毒性も皮膚刺激成分もなく、人体にも環境にも優しい安心な抗菌コーティング技術です。

どこでも何にでも抗菌コーティングが可能です!

光触媒って何?

光触媒とは、光をエネルギーとして物質に科学変化を起こさせる媒体すなわち触媒のことを言います。 自然界では、植物の葉緑素による光合成が光触媒です。葉緑素は、光をエネルギーとして化学変化を起こさせ、 二酸化炭素と水分から、デンプンと酸素を作り出します。 光触媒反応を起こす物質としてポピュラーなのが酸化チタン(Tio2)です。

酸化チタン自体は、光触媒反応を作り出しても減る事がありません。 表面に光エネルギーを受けると強力な酸化還元反応を起こし、接触する有機物、雑菌などを炭素と水分に分解し無害化してしまいます。

その光触媒を活用した技術が光触媒作用といい1967年に日本で発見された世界に誇る環境技術です。酸化チタンに光が当たると、空気中の酸素や水分、または水に反応しその酸化チタン表面で活性酸素または活性水酸基が発生します。それらが酸化チタンに接触する有機物(臭い・菌類・ウイルス・VOCガスなどの有害物質)を酸化分解あるいは分解減少させます。

今までの酸化チタンとnanozoneの違い

これまでの酸化チタン

これまでの酸化チタンでは、バインダーといわれる接着剤で固定する必要があったため、バインダーで埋もれた酸化チタンは光触媒作用が発揮できない、酸化チタン粒子の表面積が小さいため強い光が必要等の問題がありました。

nanozoneの酸化チタン

nanozoneの酸化チタンは世界最小レベルの2ナノという粒子径を実現することで、接着剤が必要なく、長期間効果を持続することができます。またこれまでの酸化チタンの弱点であった、光触媒の作用の安定化と微弱な光でも作用を最大限発揮することができるようになりました。

nanozoneの効果

抗菌ルームを簡単に実現

nanozoneの力で、ウイルスやバクテリア、カビなどあらゆる有害物質を分解減少するため簡単に抗菌ルームを実現することが可能です。空間を利用するお客様や従業員に大きな安心をご提供できます。

匂いや汚れの抑制

タバコやペット、料理の匂いの原因を継続的に分解減少するため嫌な匂いが残りにくくなります。また浴室や台所、水回りに施工することでカビの予防や汚れの抑制に効果を発揮します。

コロナウイルスへの不活化効果について

環境中の新型コロナウイルスの不活化効果試験
検査機関 特定非営利営利活動法人 バイオメディカルサイエンス研究会
試験目的

環境中の新型コロナウイルスの可視光応答光触媒による不活化評価

試験品

NanoZone Solution

試験方法

規格 JIS R 1702

環境中(現在、東京のホテルやオフィスビルで採取したばかり)の新型コロナウイルスの可視光応答光触媒による不活化試験

試験結果

新型コロナウイルスの試験結果は『99.99999%』と記載しても問題は無いが『99.99999%』という表記ではなくて『検出限界以下になった。』とする

※『検出限界以下』=100%効果あったという意味です。

この環境下における新型コロナウイルスの不活化試験

においては世界初

※また、”世界初”というのは試験方法ではなくて、光触媒で行い、100%の効果が見られたのが”世界初”となります。

施工費用について

1平方メートル ¥1000円〜

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

土日祝日を除く平日9:00-17:00

0985-25-8265